カクテルの材料

自宅でカクテルを楽しむために用意したいグラス6選

投稿日:2015年1月6日 更新日:

グラス

この記事では、自宅で様々なカクテルを楽しむためのグラスを紹介していきます!

カクテルを飲むためには、当然飲み物(お酒)と入れ物(グラス)がまずはじめに必要最低限のものです。グラスを数種類用意することで、楽しむことの出来るカクテルの幅がグッと広がります。

【コリンズグラス】

コリンズグラス

コリンズグラスは縦に長いグラスで、「ゾンビグラス」(ゾンビは縦に細長いことから)とも呼ばれます。
このグラスで作られるカクテルには、シェーカーを使用せずとも、かき混ぜるだけの「ビルド」という用法で作ることの出来るカクテルが多いです。よって、家で気軽にカクテルを作るときには必需品のグラスです!容量は300~350ml位のものを買っておけば間違いありません。

◆コリンズグラスを使用する簡単カクテル

【オールドファッションドグラス】

オールドファッションドグラス

別名「ロックグラス」。ロックグラスという名称の方がよく使われていますが、正式には「オールドファッションドグラス」と呼ばれます。古い時代から使われてきた形なので、「古風な」グラスという名前がついています。
このグラスは口径が広いため、大きな氷を入れることができ、特にウィスキーなどをロック・スタイルで飲む時にはこのグラスが必須です!

◆オールドファッションドグラスを使う簡単カクテル

【カクテルグラス】

カクテルグラス

いよいよやってきました、カクテルグラス。カクテルといったらこの形を想像する人がほとんどではないでしょうか。
このグラスは、「シェーカー」を必要とするものが多いです。シェーカーを使わないカクテルもありますが、このグラスを使って飲みたい!という方は同時にシェーカーもご購入されることをお勧めします。
カクテルグラスの購入の際、様々なサイズがあって迷うという方は、とりあえず一般的な「容量90ml」の物を選びましょう

◆カクテルグラスを使用する簡単カクテル

【ワイングラス】

当然のことながら、ワインを飲みたい時には絶対に欠かせないアイテムです。カクテルでもたまに使います。

使用例、キティ

キティ

【ソーサー型シャンパングラス】

こちらのグラスは、主にパーティーなどの乾杯の時に使われるようです。ごくたまにこれを使用するカクテルもあります。
それと、夏にフローズンカクテルを作る際には、口径の広いこちらのグラスを使用するとフローズンが崩れても比較的こぼれず安心、便利であるように思います。

使用例、クローバー・クラブ

クローバー・クラブ

【フルート型シャンパングラス】

こちらは縦に長いシャンパングラス。見た目通りの口径の狭さにより、炭酸ガスが逃げにくいのが最大の特徴です。

使用例、キール

キール

他にはこんなグラスが…

◆ジョッキ
◆リキュールグラス
◆ブランデーグラス
◆ゴブレット
◆サワーグラス

家で「気軽」にカクテルを飲む程度ならこちらのグラスたちはとりあえず揃える必要はなさそうです。こだわって飲みたい方、興味のある方は調べてみてください。

最後に

グラスは様々な種類を揃えておけば、家で作れるカクテルの幅が広がります!

グラスを買うには家具屋、東急ハンズやLOFT等のお店、楽天やAmazon等の通販のほか、意外に100円ショップにもカクテルグラスやソーサー型シャンパングラスも置いてる店舗もあるので、是非色んなところで探してみてください。







-カクテルの材料
-,

Copyright© Jazz&Cocktail , 2018 All Rights Reserved.