カクテル

シェーク

投稿日:2012年12月1日 更新日:

シェーカー

シェークとは、シェーカーに氷と材料を入れて振ることによって、①混ざりにくい材料を混ぜ、②高いアルコールをまろやかにし、③度数一気に冷却するための技法です。



左側から、「ボディ」「ストレーナー」「トップ」です。

使い方は、

①ボディに氷を8~9割入れる。

②メジャーカップで氷を入れたボディに材料を入れる。(例:ジン45ml、ライムジュース15ml)

③ボディにストレーナー→トップの順にかぶせる

④左手の親指でトップを押さえ、中指と薬指でシェーカーをはさむ。右手の小指で底を押さえ残りの指は自然に添える

⑤胸の前で上下(斜め上→胸前→斜め下→胸前→斜め上…)に10回程度振る。

⑥トップを外し、ボディとストレーナーを押さえながらカクテルグラスに注ぐ

というかんじです。気をつけるのは、あまり振り過ぎると氷が溶けて内容が変わってしまうので注意が必要です。


ちなみに、シェーカーを買おうとすると色々なサイズがあって迷うことがあります(実際自分もそうでした)が、普通は350mlの中サイズのものを使用します。サイズとかよくわからなかったら大体18㎝前後の高さです。







-カクテル
-

Copyright© Jazz&Cocktail , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.